あつまれどうぶつの森 初プレイ感想

あつまれどうぶつの森初プレイレビュー。徐々にできることが増えていく感じが非常に楽しいです。まったり楽しんでいこうと思います。



今日はあつまれどうぶつの森の初プレイ感想書いていきます。
久々に発売された本編。久々にプレイするどうぶつの森ということで、
だいぶ新鮮な気持ちで開始しました。

photo765.jpg

あつまれ どうぶつの森 -Switch
あつまれ どうぶつの森 -Switch


公式サイト

街へいこうよどうぶつの森 初プレイ感想
とびだせどうぶつの森 初プレイ感想
どうぶつの森ポケットキャンプ 初プレイ感想
テーマ「どうぶつの森」

以前みたくプレイ日記つけるのも楽しそうだけど、手間暇かかるのと、
予想以上に面白いので今回はゲームに集中したいと思います。
プレイしたら写真をTwitterにアップするくらいはやってみたい感じはある。

さて、どうぶつの森と言えば、住民との交流や、部屋や村の飾りつけなど
スローライフを楽しめるゲームですけども、
今回はDIYによるクラフト要素が追加されたのが結構大きいですね。

photo766.jpg

ポケットキャンプやハッピーホームデザイナーとかであったかもしれないけど、
本編でこういう素材集めするのは今回が初くらいですかね。
マインクラフトとか大人気になったこともあるし、
少しずつできることが増えてくるこの感覚はゲームらしくて非常に楽しい。

あと、今回すごいなと思ったのは、導入の流れがとてもスムーズだったこと。
クリエイト系とか、やれることが多いゲームはモチベーション持つのが
難しいところもあって、「何やったらよいか分からん」ってことになりがち。

photo767.jpg

そこを今回はたぬきマイレージで、いろんな要素を小分けして
実績解除、報酬獲得のシステムにしてるのが、やることに迷わなくて良かった。
住居費用の返済にまずそのマイルをためさせる流れもうまかった。
最近のゲームじゃおなじみだけど、次何したら良いか教えてくれるのも助かる。

photo768.jpg

あと今作要素としては、グラフィック周りも強化されててよかった。
特に水面が光る描写がきれいでしたね。

photo769.jpg

それから本体機能のキャプチャ以外に、写真機能があって、
フレームをつけたりフィルタをかけたりカメラの位置を変えたりと
SNSで共有するにも良い機能がありましたね。
私も写真撮ったやつ気軽にアップしていきたい。

今回道具を自分で作るところから始めて、博物館誘致したりと
結構初歩的なところからスタートで、
できることが少しずつ増えていくのがすごく楽しいです。
前回のプレイでたかとびぼうを手に入れたので、
未開拓地域にまた乗り出していきたいです。

photo770.jpg

最初の住人を紹介。
オイラ系のマコト。任天堂のキャップくれました。

photo771.jpg

あたい系のちょい。葉っぱの傘のレシピ教えてもらう。
そのあと雨降ってきたのでちょうど良かった。

とりあえずはそんなところかな。
ジョニーとかもまた出てきて、彼らしい会話が聞けて面白かった。

あと、今回はハチに刺されて顔がはれてるときに、
もう一回差されると気絶するってね。
はちのすを拾って、DIYすればくすりが作れるのとか良いつくりでした。

そんじゃ今回の記事はこんなところで。
結局FE風花雪月はクリア目前でストップしてて、
また時間を見つけてやっていく感じになりますね。
しばらくメインはどうぶつの森楽しんでいきます。

"あつまれどうぶつの森 初プレイ感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント