7coins 第1章

初の小説回。



連休企画ということで、今日から4日連続で小説をアップしていきます。
以前つくったFLASHゲームをもとに書きました。
実際のコインでゲームを行うことや、話の都合により、
細かいルールが違っています。

小説といいながら、会話文のみの構成です。
挿絵を入れていますが、下手なのはご愛嬌ということで。

関連記事リンク
アイデア元のFLASH
第1章(このページ)  第2章  第3章  第4章
あとがき


画像



――――――――――――――――――――――――――――――


画像

「あっ、いたいた。ねぇ、一緒にゲームやらない?」


「……他の人に頼んでくれ。今は忙しい」


「そう言わずにさ、やろうよ。息抜き入れたほうが、はかどるって」


「……俺の顔を触るな」


「ねぇ」


(……どうも苦手だ。妙な悪寒が)
「仕方ないな。少し休憩するか」


「あ、それじゃ、こっち来て。別の部屋でやるから」


「その本、持ってくるの?」


「暇だったら読もうかと思ってな」


「もぅ……」


――――――――――――――――――――――――――――――


画像

「薄暗いな」


「ちょっとした仕掛けを使うからね。あれがゲームに使う机よ。
傘つきの電気スタンドが左右に1つずつ。
それから手前と奥には天板より低い位置に板が張ってあって、
そこを照らす電灯がついてるわ」


「じゃ、私はこっち使うから、向こう着いて」

「……」


――――――――――――――――――――――――――――――


「ゲームの説明をするわね。簡単に言うとコインの裏表を当てるゲーム。
先攻後攻に分かれて5回ずつ挑戦して、
当てた枚数の合計が多いほうが勝ちよ」

「使う仕掛けというのは何なんだ?」


画像

「ここに、ゲームに使うコインが7枚あるの。ちょっと見てみて」


画像

「両面とも同じに見えるが」


「そう、どのコインのどちらの面も同じ模様。でも電灯の光を当てると……」


「! 蛍光塗料でも塗ってあるのか?
……光るものと光らないものがあるな」


「今、赤い色の光だけど、青い光の色も出せるわ。そうすると……」


「赤で光らなかったものが光り、赤で光っていたものは光らなくなる、か」


画像

「そういうこと。この横の電気スタンドの光を当てて、
光ったコインの枚数が得点になり、総得点の多いほうが勝ち」


「じゃあ、始めるか」


「待って。まだルールはあるわ」


「長いな」


「長いのよ」


「……」


「コインは7枚あるけど、1回の自分の番に振るのは場の3枚のコイン。
他の4枚のうち、2枚は自分の手持ち、あとの2枚は相手の手持ち。」

「コインを振った後は、ライトをつけて結果を見て、
またライトを消すまで場のコインに触れてはいけない。
その後、ライトはもうつけずに場のコインを1枚だけ持って
自分の手持ちのコイン1枚と必ず入れ替える。」

「そのあと、場の3枚のコインを持って相手に手渡す。
このとき、コインを目で追えないように適度に混ぜて渡したら良いわ。
手渡したら次は相手の番。つまり、次に振るコインのうち、
2枚のそれぞれ片面はわかるけど、
それがどのコインかは分からないようになるわけ。……聞いてた?」


画像

「ああ」


「本を閉じてそこにおいて、ゲームが終わるまで触れないでほしいな」


「……」


「少なくともこの1ゲームは最後まで付き合ってくれない?」


「……」


「……」


「……分かったよ」


「ふふっ。そうだ。
これに負けた人は勝った人の言うことを
何でも1つ聞くっていうのはどう?」


「何でも?」


「そう、何でも」


画像

(嫌な予感がする)
「俺はこれを初めてやるんだが」


「私だってさっき初めてルール聞いたのよ」


「誰に?」


「作者に」


「……」


「それじゃあ、そういうルールでね。
あ、ルール違反したら2つ言うこと聞くことね」


「……それで、
場のコインが自分と相手によって交換されていくのは分かったが、
何の意味がある?」

「そこが一番のポイントよ。実は7枚のコインのうち、
片面が赤に、もう片面が青に反応するコインは3枚しかないの。
残りの4枚のうち、2枚は両面とも赤、もう2枚は両面とも青に反応する。
ほら、ね」


「……」


「……」


画像

「本に触れたらルール違反で罰ゲーム」


「……」


「横のライトは片方つけるだけで充分だから、右手側のを使えば良いわ。
机の下についてる電灯は手持ちのコインの確認用。
相手側からはコインが光るところは見えないようになってる。
電灯のスイッチとか確認しておいて」


画像

画像

「まだ説明はあるのか?」


「長ーい説明も終わり。それじゃ、始めましょうか」


――――――――――――――――――――――――――――――


関連記事リンク
アイデア元のFLASH
第1章(このページ)  第2章  第3章  第4章
あとがき

"7coins 第1章" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント