朧村正 元禄怪奇譚 初プレイ感想

朧村正の追加DLC、元禄怪奇譚の初プレイレビューです。たまたま目に留まったのでプレイ開始しております。物語に感情移入できて良いですねぇ。



はい、今回はゲーム感想記事。また新しいの始めました。
珍しく、インディーズでもない旧作プレイとなります。
1年前のネットハイ以来かな?

今回始めたのは朧村正 元禄怪奇譚
といっても追加DLCなのでボリュームは多くないですが。
photo866.jpg

朧村正 (特典無し) - PS Vita
朧村正 (特典無し) - PS Vita

朧村正+元禄怪奇譚 DLC 全四篇プロダクトコード入りパッケージ - PS Vita
朧村正+元禄怪奇譚 DLC 全四篇プロダクトコード入りパッケージ - PS Vita




公式サイト

2009年にWiiで発売されて、
2013年にVitaで追加要素が加わりリメイクされました。
Wii版はプレイしてましたが、Vitaの追加コンテンツの方は、
セールのタイミングだったかで、買うだけ買って随分と放置してました。

で、この度、プレイするゲーム枠にちょっと余裕が出てきて、
Vitaの中物色していた時に目に留まった次第。
10年も前だと本編はあんまり覚えてないですが。

去年の年末ごろ盛り上がった十三機兵防衛圏と同じ、
ヴァニラウェアが作ってますね。
私が初めてプレイしたヴァニラウェア製のゲームが朧村正だったようです。


例のごとくプレイ感想まとめ書いときます。

ヴァニラウェア作品の感想記事リンク
朧村正(マーベラスエンターテイメント発売) 公式サイト
初プレイ感想  クリア記事  クリア後感想
オーディンスフィア(アトラス発売)  公式サイト(リメイク版)
初プレイ感想  プレイ中  クリア記事
ドラゴンズクラウン(アトラス発売) 公式サイト
初プレイ感想
グリムグリモア(日本一ソフトウェア発売) 公式サイト
初プレイ感想  クリア記事
十三機兵防衛圏(アトラス発売) 公式サイト
プロローグ初プレイ感想 体験版初プレイ感想 製品版初プレイ感想?
クリア記事 完全クリア記事


んで、まだ説明続きますが、今回の追加DLCは4編あり、
個別に購入するようになってます。
この4編は1年かけて発売されたようね。
私は4つ全部買ってたので、この機会に一気にやっていきたいと思います。

津奈缶猫魔稿(つなかまねこまたぞうし) 通称「化猫」
大根義民一揆(おおねぎみんいっき) 通称「一揆」
七夜祟妖魔忍伝(ななやたたりようまにんでん) 通称「白蛇」
角隠女地獄(つのかくしおんなじごく) 通称「鬼娘」

今のプレイ状況としては化猫をクリアして、一揆を始めたところです。
化猫の具合見た感じ、1編2時間程度かな?

photo869.jpg
photo867.jpg
「化猫」は、無念に死んだ主人のために、猫が妖力を得て復讐を果たす話。
本編とはつながりはあるものの、主人公も違うし、話としては新規。
そのため、本編の内容あまり覚えてない状態でも大丈夫でした。
ていうか、絵やセリフなんかの世界観がしっかりしてるから、
すぐに話に入り込めたね。

戦闘の操作性は、ちょっと忘れてましたが、さほど複雑ではないので
少ししたら慣れました。
アイテム使用だけまだ心もとない。
わざわざメニュー開いてやったりしてるわ。
あ、難易度は簡単な、無双モードでやってます。

photo868.jpg
ヴァニラウェアのゲームだと何度も言うことになりますが、
とにかくグラフィックがきれい。これが動くんだもの。

発売したゲームを見ると、ファンタジー、和風、SF、現代劇と、
世界観で言えばもう大きなジャンルは全て押さえた感じですね。

photo870.jpg
photo871.jpg
今日プレイ開始した「一揆」
やはりすぐ感情移入できる。

本編がプレイ済みなので油断してたのと、忙しいのとで
戦闘中のキャプチャが撮れてない……
各お話で主人公が違うので、戦い方もそれぞれ違ってます。
この辺も新鮮味がありますね。

音楽もなかなか良かったりするので、
この機にサントラ購入もありかなーと思ってるところ。

はい、そんな感じですかね。
そんなにボリュームはないと思うので、
テンポよく遊んでいきたい。



近況としては漫画読んだり、お絵描きしたりしてますね。
相変わらず動画は何もしてないけど。
また余裕があれば語りたいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント