Xenoblade Definitive Edition 初プレイ感想

ゼノブレイド ディフィニティブ エディション購入しました。つながる未来の初プレイレビューです。顔つき変わったねー。ボリュームは割と良い感じな気配。



今日の記事はXenoblade Definitive Editionです。
略し方はゼノブレイドDEになるのかなー?
ちょっと悩みどころでしたけど買いました。
photo818.jpg
photo819.jpg
Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション)-Switch
Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション)-Switch

公式サイト

元々初代をプレイ済みでしたけど、
今回は追加ストーリーがあるということで、悩んだ末に購入しました。
追加ストーリーの方はプレイ時間もそう多くないって話だし。

ということで今回は追加ストーリーのみプレイする方向で進めます。
感想も追加ストーリーのみについて話していきますよ。
タイトルは「ゼノブレイドつながる未来」

ゼノブレイド 初プレイ感想 クリア記事 クリア後感想
ゼノブレイドクロス 初プレイ感想 クリア記事
ゼノブレイド2 初プレイ感想 クリア記事
ゼノブレイド2 黄金の国イーラ 初プレイ感想 クリア記事
テーマ「ゼノブレイド」

photo820.jpg
で、始めてみて、まず最初に感じたのはキャラの顔つきが違うなと。
リメイク・続編・スマブラなど出るたびにちょっと変わってきたりしてますが、
今回、本当に1の続きのつもりで遊ぼうとするとこんな顔だっけ?って気になる。

昔はもっと荒々しかった印象なんだけど、妙にきれいになってる感じが。
で、今見直してみたら、雰囲気じゃなくてそもそもポリゴンが荒かったわ。
さすがに、この時代それで来られても困る。
喋り方とかは結構そのままな感じで懐かしいですけどね。

photo80.jpg
当時の写真これぐらいしかとってなかったけど。

photo821.jpg
今回のパーティはシュルクとメリアがメインで、
あとは技がライン風、カルナ風のキャラが新キャラとして加わってる感じね。
後々他のキャラ風の人も仲間になったりするんだろか。
昔の感触取り戻すのに少し時間かかったけど、
(元々戦闘システム特徴的だったし)またこの戦闘を楽しめてます。

シュルクとメリアの掛け合い見てると、また他のキャラにも会いたくなる。
ボイスの関係で登場してこないんだろうけど……

BGMは名を冠するものは懐かしくて熱くなったけど、通常戦闘は新曲なんかな?
あんまり聞き覚えがなかった。
他の曲で2の時に聞いたようなフレーズがあったりもしたね。

ゼノブレイドの戦闘は、耐えて耐えて、ここぞというときに必殺技。
それで一気にケリを付けるorダメージが足りなくて絶体絶命
この見極めあたりが楽しく感じてます。
で、今回の追加ストーリーは必殺技使えるまでがちょっと長かった感じも。
なんか見逃してたかな?

photo822.jpg
まあ、無事に使えるようなったので
ネームドモンスターと戦うのも、一段と楽しくなってきました。

本当はジェムや、アーツなんかしっかり練っていくのが賢いんだけど、
時間かかるし、そこにあんまり手間暇かけたくないのじゃ。
(いや、それで負けたらそれこそ時間かかるんだけど)

初代のジェム作りなんかも、
遊びにはなってたけど時間かかる要因の一つだったよなー。
今回の追加ストーリーでは、
すぐ使える状態でフィールドから取得できるので、前よりかは便利。
けど装備やジェムの数が多くて、セットするのも面倒。

ストーリーとか、サブクエストとかは、
本編を思えばだいぶコンパクトな印象。
いや、私的にはもうこれくらいで良いんだけど。
マップに目的地やルートが表示されるんで、サブクエストが結構はかどります。
このくらいなら全部やっていこうかという気になるよ。

photo823.jpg
右上のミニマップに、ルートや目的地なんかが表示される。
拡大マップも見れるし便利。
そういや、前はアイテムの所持数に限界があって、
イベントアイテムの管理が面倒だったけど、今回まだ困ったことないね。


はい、そんな感じ。
今週はまた遊び大全が発売になるし、今回は気合入れて進めてます。
例年のE3期間に入るってことでも、
プレイ中のゲームは一区切りつけておきたい。
仕事もそろそろひと段落だし、ゲームに注力してみますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント