スーパーマリオメーカー2 初プレイ感想

スーパーマリオメーカー2の初プレイレビュー。前作あんまり遊んでないこともあり、どこからが新要素化良く分かってない。ストーリーは結構動機づけになるのでよさげ。あとはオンライン複数人プレイをまたやってみたいところ。



スーパーマリオメーカー2が発売されたのでプレイ開始。
いろいろと個性的なステージが話題になりそう。
前作はそれほど遊びこんだわけじゃないんだけど、
今作のストーリーモードはどうだろうね。
画像


スーパーマリオメーカー 2 -Switch
任天堂
2019-06-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





公式サイト

前作 スーパーマリオメーカー 初プレイ感想


2015年9月10日に発売されたスーパーマリオメーカーの
2作目ですね。
マリオのコースを自分で作って、ネットに投稿できるゲーム。

どこが変わってるのかあんまり知らないんだけど、
坂とかが使えるようになったのかな。
あと、複数人プレイに対応で、わいわい楽しめそう。

ここ最近大きなタイトルない中での任天堂ソフトということで、
ゲームの消化について心配もなく購入。
2本で9980円のニンテンドーカタログチケットでDL版を購入。


んで、始めた感じ、今回もスタート画面から
いきなり遊べるようになってて、そこから「つくる」にすれば
そのステージを編集していくことが可能。
感想記事読み返すまで前作もそうだってこと忘れてたけどね。
画像

今回はストーリーモードがあって、
遊ぶ動機づけがあって良かったですね。
クリエイト系はなかなか遊ぶモチベーションが
出なかったりするのでこういうのはありがたい。

とはいえ、ストーリーモードではコインをたくさん手に入れて、
城を作っていくという単純なものっぽいんで
やりごたえはあんまりないかもだけど。
画像

最初から入ってるステージ数も結構あるようなので、
のんびり楽しんでいきたいね。


それから「つくる」ほうは要素がたくさん選べて、
相当自由度が高い。
どこまでが前作から使えたかもう良く分からんのだけど。

前作はWii Uだったんで、ゲームの内容とパッド・タッチペンの
相性は最高でしたね。
対して今作はというと、ボタン操作は少しやりづらさを感じました。
方向キー押してもどこにカーソル行くかわかりづらかったり、
ボタンよく間違えたり。

まあ、ある程度離れでしょうけども。
せっかく特典でタッチペンもらったので、
今度タッチペン操作でも遊んでみたい。
画像

あと、遊んでるとすごくゲームを作ってる感じがありましたね。
一回自分で遊んでみて、その残像を見ながら
地形を変化させたり、コインの配置を検討したりとトライ&エラー。
元々は社内ツールとして作られたというだけあって、やりやすい。

あんまりしっかり作るつもりはなかったんだけど、
乗ってきたので、2,3のネタでステージ仕上げて
早速投稿もしてみました。
そしてサムネイルをミスってることに気づいた……
画像

坂と言ったらコウラを飛ばしてみたくなるよねぇ。
あと、クッパJr.を配置できることに感動して使ってみた。
ぼちぼち強かったわ。


あと、他の人が作ったステージもちょっとやってみる。
難しかったり、取り返しのつかなくなるステージが多いのかなと
思ってたけど、普通に楽しめるゲームも割とあった感じね。
他の人が作ったゲームの動機づけになるようなものがあれば、
こっちも楽しんでみたいね。

それから複数人プレイもできるみたいなんだけど、
まだ遊べてないですね。
いつ遊べるかは読めないところですが……


はい、とりあえずはそんなところかな。
多分そんなにやり込まないだろうけど、
熱があるうちにやれることはやっていきたいね。


あと、例によって動画アップしたので貼っておきます。



発売週に収録して、編集してアップして、ブログも書くのは
やっぱり結構きついね。
今後やっていくか考えものよ。
次の新作というとFE風花雪月になりますかな。

10分内に収めようとする編集がまた地味にきつい。
最初っから5分メドに編集していくべきか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック