さるびあさん旅行記2018年11月 香川、S-zeroGP、高知

またもや長文レポート記事。こういうの毎回書いてたら、義務感生まれてくるんで毎回は書きませんよ。ええ、モチベが上がったときだけよ。今回は四国の器の大きさを思い知った旅でしたね。また行ってみたいです。



では、今回のレポート書いていきますよ。
時間も時間なので、今回は大ボリュームな文章は書けんと思うけど。

さて、この度はFEサイファで遊びに香川・高知に行って来ました。
まず一日目2018年11月23日金曜日
程よい時間に出発。
大阪とかの公式イベントだと早起きしないといけないので
この辺楽だったね。

香川に着いて、有名店のうどんで腹ごしらえ。
画像
さすがのおいしさ。
開店前に着いてちょっと並び、帰る頃には長蛇の列とかすげぇ。

道中の見えた、飯野山(いいのやま)。別名、飯山(はんざん)。
画像
子供が描いたような、まさにテンプレなお山。
名の通り、飯をついだような って説明が言い得て妙。
あまりのフォルムと名前がツボにはまる。


さて、香川では仲間内の集まりで、
いろんなネタで楽しみながら対戦しましたね。
そのうちの一つが、今回私が用意した一番のネタ。
対戦の時に机に敷くプレイマット。オリジナルです。
画像

制作の話は長くなりそうなんで、また機会があれば。
ともかく驚きと笑いで迎えてくれたんで嬉しかった。
次の高知でも面白かったって言ってくださる人がいて、
本当に作って良かったなと。

それからプレゼンやら紅白戦やらで充実っぷりがすごかった。
プレゼンは一瞬正解のワードに思い当たったけど、
他が該当しないかなと思って選択肢から外したのが悔やまれる。
紅白戦は初手がえらいことになったけど、
意外とひどいことにはならずに助かった。

下手したら、イベント以上に盛りだくさんだったね。
おかげさまで楽しく遊ばせてもらいました。


その後飲み会。
画像
名物の骨付鳥は何度食べても絶品。
前の時とは違う人と飲めて、人となりも何となく分かって良かった。
もう少し私の方も出していければ良かった感じはある。

時間とか都合つけば、スプラトゥーンもちょっとやりたい。
私のゲーム消化考えると、
あまり手を出してる場合でもないってのがつらいところ。


そして宿へ。
ここのところ旅先での宿泊はゲストハウスを利用してみてる。
同じ家で何人も泊まる感じで、少し安い宿。
外国人含めいろんな人と出会えるのはちょっと面白いね。
一人だと躊躇しちゃうけど、友達と行けば不安も減るし。

スタッフさんも個性派だったりして、
話してるとこちらも人生経験豊かになる。
問題は風呂や洗面所の争奪戦があるので、そこは注意が必要。
今回風呂入らずに布団に入ってリズム崩れたせいか、
3時間くらい寝付けんかった。



二日目2018年11月24日土曜日
寝不足の心配を抱えつつ、高知へ移動。
霧か雲か分からん空間を突っ切りながら、山道を進んでいく。
次の日に観光したけど、山に海に高知は自然が豊かね。

高知でのお目当てはFEサイファの個人主催イベント
第2回 S-zeroGP
個人主催イベントにここまで遠出するとは思ってもなかったけど、
良い人だという噂の主催者が、本当に良い人で参加して良かった。

そして会場がパーフェクトな環境でびっくりする。
駐車場、広さ、掘りごたつ、昼食メニュー、会場費。
身内が地元付近で苦労して探してるの見ると天地の差。

運営もこなれててすげぇの一言。
そんな中で自分も他の人も楽しんでいこうという気が伝わってて……
あ、書いてて涙が出そう。
それと景品から伝わる遊び心が、なんか私に通じるものが。

あと、「これ、なんて言うんですかね?」 
「ペーパーなんとか」
「Paper…?(ネイティブ風に)」もツボ。
あと、DJ男がすごく良い仕事する。まじでDJ。

大会の方は、気負わずいつもどおり対戦。
序盤に支援失敗多くて、動画の再放送のようだって
言われたときは笑いましたね。
結果は2勝2敗。
樹デッキがクロムをCCさせてドローしまくるのが印象強い。

その後ちょっと対戦とか歓談とか。
皆さん優しさにあふれてて、すごく楽しかったですね。
あと、プレイマット制作の話で盛り上がったのも、
共感してくれる人がいて嬉しかったね。
よい出会いとなりました。


さらに飲み会。
高知名物カツオのたたき。
画像
肉厚で、藁で焼いた?風味もあっておいしかった。
取り分けるときに、すかさず「13枚ある( ・`ω・´)キリッ」みたいな
流れがあったのは面白かった。

あと、2年半くらい付き合ってきた人の、初めて見る姿だったり、
高知文化の話とか、全身サイファ、P(ペーパー)スポーツとか。
とても楽しい時間でした。

んで、宿でさらに飲み交わす。
気の合う仲間同士で話すのもまた面白いもので。
おしゃれな宿だったこともあり、幸せのひととき。
そうかと思えば、レジェンド級の〇〇な人の話とか
えらい話を聞いてしまった。

そして、ぷよぷよに白熱する二人……!
が、我々とは別次元の風格を持つあの人が見てたら、
この試合をなんと言っただろうか。

夜遅くまで楽しみ、満足して眠りにつく。
(久々に早く寝たなぁ って言ってた人もいたけど)



そして三日目2018年11月25日日曜日
またもやSwitch持って行ってたので、空き時間ですばせかを堪能。
やっぱり難易度設定が自由で戦闘テンポ良いので、
めっちゃ楽しい。ストーリー進行が止まるほどに。
画像


ともあれ、この日はサイファ関係なく、
高知まで来たし観光しよう! ということで桂浜へ。

車運転できて、土地勘も多少なりとあって、
車出していただいた方には移動は本当にお世話になる。

道中の会話としては
A「海の香りがするねぇ」 B「潮の香り?」
B「くじらウオッチングができる」 A「ホエールウオッチングな」
と、揚げ足取りのカウンターがテンポよく決まったのがツボった。


で、桂浜。
画像
画像
天気も良いし、見渡す限りの水平線だし、龍馬像はあるし、
良い景色を見ることができました。
画像
いか焼うんまい。


そして、ひろめ市場にも足を運ぶ。
フードコートを中心とした商店街で、
お店とテーブルがぎっしり詰まっていて、
日曜のお昼時ということもあって、ものすごく賑わってましたね。
画像
中は写真撮ってる余裕なかったけども。
画像
いいだこの唐揚がうますぎ。

最後、ゲストハウスにあった雑誌に載ってた、
日曜市の風景を車から見ながら帰路へ。
画像
また来るときがあれば、歩いて見てみたい。


ということで今回も無事に旅行することができました。
最後に一つお土産写真を。
画像
高知で異常な出現率を誇るお菓子、ミレービスケット。
何種類か違うバージョンがあるのを見たけど、
生姜味やらブラックペッパー味やら、謎の攻めた味になってる。
この辺の詳細を高知県民に聞こうと思ってたけど忘れてしまった。
結構気になるけど、自分で調べず、意地でも高知県民に聞く方針で。



はい、一通り書きましたね。書きましたね。
今回は四国の人の暖かさをすごく感じた三日間でした。
また行きたいなと思う気持ちもある反面、
逆にこちらに来てもらったときは、
うまいことお迎えできるかなと不安も。

あと四国は料理がうまい。
それと地理や文化について見識広まるのも、
旅の良いところの一つってことを体感できました。

反省点としてはやっぱり何も考えずに行くと、
消極的気味になっちゃうんで、毎回意欲を高めて臨みたいところね。

はい、ということで今回の記事終わり! おつかれさん!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック