ブログ10周年

すでにほぼ1ヶ月過ぎましたが。振り返り記事です。またムダに長い。



えー、今回は記念記事です。
この間の10月13日をもって、ブログ開始からまる10年でした。
気づいたのが2週間後で、加えてあまり文章が書けなかったので、
アップが1ヶ月遅れてしまいましたわ。

にしても、ここまでよく続けたわな。
相当な情報量が溜め込まれてしまって、多少危機感もあるけども。


もともとホームページ作ろうかと思ってたんだけど、
言うだけで全然手を出せれてなかったのよね。
そんな中で、もう少し簡単にできるものをということで
ブログに手を出したという経緯ですわ。

当時’08年はブログ流行が、少し落ち着きだしたころだったかね。
しばらくはにぎわっていたけど、
徐々にSNSに移り変わって言った感じですねぇ。
RSSリーダーなんかも昔結構使ってたけど、
今はだいたいTwitterでお知らせする感じよね。

最初の記事で出ているにゃんこは、
今は食事療法してるおばあちゃんに。
誰かが猫のいる部屋に入っていったときは、
鳴いて居場所教えてくれるのがかわいいです。


初期のころから毎日アップしてるあたり、
とりあえず日記として書き始めてる感じね。
絵描いたり、ゲームの話したり、プログラムの話だったり。
にしても毎日アップなんて、時間と気力に余裕ありましたねぇ。

最初の頃は文字色使ったり、改行無しで10行近く書いてたりとか
文章もまた印象が違いますな。
あとタイトルも割と雑多な感じがあって、これはこれで興味深い。

いつ頃変わってきたのかは分からんけど、
今は最大5行区切りで一つ空行入れたり、
単語が切れないように改行したりは気をつけてますかね。
改行がきれいに入れれない場合は、
言い回し変えたりも地味にやってますよ。


半年すぎる頃にはゲーム中心の話題になってますね。
クリア感想とかももう書いとるし。
途中までクリア感想とクリア記事で別に考えてたけど、
クリア感想は書かなくなったな。

あとイラストや猫の話題を。
そうそう、ブログランキング気にしてた頃は
ゲームと合わせてその3本柱でやってましたね。懐かしい。

アクセス数気にする時期はあるもので、
グラフでまとめてたりもしましたね。
1年でアクセス数100/日くらい行ってるのね。
ピークが確か200/日くらいなので、
割と早い段階で行けてたな。


2年目あたりは相当時間ありましたね。
中古のゲームとかも買って月何本もゲームクリアしてましたよ。
それでいて創作活動もちょこちょこやってるあたり、
今と比べても基本方針全然ぶれてないですな。
割ける時間に差が出た程度。

企画モノとしてプレイ日記書いてるあたりも
FE好き具合が伝わってきますね。
もう最近はスマホゲーに、カードに露出が多すぎて、
逆に本当に好きなのか良く分からんようになってしまったけど。

FLASHとかも作りましたねぇ。
でもそうか、FLASHは危険なものがあるから
あまり推奨されなくなってるのよな。
昔は将来性ありそうな印象持ってたけど、分からんもんですな。


3年目(’10年)からハロウィン絵が始まりましたか。
厚塗り初のやつですね。
にしても案外、息の長い企画になってますねぇ。

それとブログ友達とやんわり交流とかもしてましたねぇ。
その頃の知り合いで、ウェブリブログ続いてる人はいないかな。
その人達の活動は他のブログやツイッターだったり、
ゲームのフレンドで見る程度。

この年あたりはデジタル絵頑張ってますね。
月に何枚も上げてたり。
猫写真かイラストアップする水曜記事ってのありましたなそういや。

まだ無料のAzPainter2扱ってますねぇ。
ペンタブ扱える、自分にあったソフトに出会えたのは良かった。
あ、ちょうどSAI使い始めたあたりか。


4年目はまた雑多な感じになってますね。
イラストはそこそやりつつ、ゲーム成分がやや少なめ。
話題のスマホを手にして、
デジタル関係でいろいろ活用しようとしてたみたいね。

Evernoteはこの頃使い始めたようです
今でも割と活用してて、制作のメモや履歴はこれ使ってますね。
検索で割とすぐ情報にアクセスできるのが便利。
これもまた変わらない私の個性で、ログをためて整理したり
見返すのが好きなのだわ。この記事もそうだし。

あと、前は割と漫画の話題もしてますね。
最近はしてないけど、購読数にそう変わりはないはずなので
話題なかったらまたやるのもありね。
直近で買ったのは「ダンベル何キロ持てる?」という筋トレ漫画。
実践はあまりしなくて、知識が増えるのを楽しんでます。


5年目。’12年10月~
ガルモに結構ハマりましたねぇ。
夏休みとかで更新頻度落ちてましたが一度復活。
つか要所要所でしっかりブログ休んでるのは良いな。
それで勉学をに励んでるみたいね。そうだよね多分。

アクセス数見ると一時期ドカンと上がってるみたいね。ピーク200/日じゃないじゃん。
ただ、年度始まりあたりから時間も取れなくなってきてるんで、
毎日更新はなくなってますね。週3回ペースの時期か。
絵の方も厳しくなってますね。

アナログゲームが気になりだした時期
ネット記事とか、漫画とかで、また熱が加速していきますね。
が、直近1,2年くらいは落ち着いてますね。
動画制作にとって代われた感じか。


6年目に来ると、記事更新もとうとう週1ペースに。
実生活を考えると、この時期はまあ納得のやつですね。
意外にお絵かき熱が再燃してますね。なんでだろ?
投稿サイトやってた時期か?

更新頻度の関係で、
もうメインの話題はゲームかイラストになってますね。
中古ゲームもやるにはやってる
昔はゲーム屋行って中古ゲーム漁るの楽しみにしてましたが、
最近はもう時間取れなくて、中古は当分買ってないかと。


7年目あたりはもうすでに積みゲーに苦労してるね。
と思えばPCゲームに手を出してるあたり、やべぇ。
ちょっとだけ更新頻度が復活してるのも気になるが。
いや、結構ゲームやってるな。あれ、楽しんでるなこれ。

この’15年あたりからはFEが力入れだしてますね。
FE祭もあったし、サイファも始まったし。
私のモチベも少し落ち着いたとはいえ、
この流れのまま未だやってますね。


8年目’15年10月~
記事のネタはもうさほど変わらないですね。
ほぼほぼゲームの感想記事が占めてます。
ゲームから脱することないのか、私は。
ゲームなくなったら創作の方で活動していく感じでしょうかねぇ。

昔からそうだったけど、そんなに有名どころではなくても、
話題になってるソフトとかチョイスしていきますね。
ホットラインマイアミのチョイスあたりもなかなかで。


9年目’16年10月~
もう少し前くらいからだけど、このへんで
ポケモンやモンハンについていけなくなってきましたね。

動画制作も始めだした都合か、ゲームの話題も減って
更新頻度少ないくせに近況記事がちらほら。
徐々に動画とブログのすみ分けが曖昧になってくる。


10年目’17年10月~
多分長らく企画モノとかがっつりした記事はほとんどなかった中、
レポート記事として長文書く機会が増えましたね。
割と大変なんで、毎回は書く気ないんですけど、
やっぱり後で見返すことを思って書いとく場合がありますね。

そういや、無駄に頑張って怖いゲームまとめも書いたし。



ということで、俯瞰してみると
雑多な趣味→ブログ・ゲーム・イラスト・猫写真→
ゲームとイラストの波→更新頻度下がる→ゲーム中心→
ゲーム主で、サイファ絡みや近況記事が増える
って感じの流れかねぇ。

10年間、本当に多少ブレはあるものの変わんないね。
ゲームをメインに、サブでイラスト中心の制作やってる。
アウトドアに目覚める瞬間さえないところにヤバさを感じるわ。
あって、ポケモンGOとかWiiFitあたりよ。


今後についてですけども。
生活習慣や環境変わらない限りはこのまま行きそうですね。
ブログサービスが終了して、画像とかの引き継ぎがうまくいかない
とかいう状況になればその機にやめるかも知んないね。
それでもローカルにデータ残しておきたいところ。けど容量心配。

ブログのレイアウト変えるだとか、
他のブログと交流するとかはおそらくないでしょうね。
現時点で管理できてないし、サイドバーやトップページも放置状態。

それと、他の趣味が出てくる気配はない。
いま動画作ってたりするけど、あってもそのレベルの話でしょうね。


発信の手段については、今やSNSで気軽に交流できるものが
たくさんあるけども、そんなに食指は動かんね。
Twitterで文章書こうとすると、
なんか逆に身構えちゃうところもあるのよねぇ。
叩かれたらどうしようとか、生活パターン読まれるんじゃないかとか。

Facebookあたりは、やったことないけど、
割合はまりそうな気がする。
実名なんで、こちらも言う内容気をつけないとまずいのがネック。

ということで、文章の発信は今後もブログメインでやってく感じ。

あ、今思ったら、投稿記事を自動でEvernoteに入れてくれる
手法があれば、試してみたいな。
いろんな発信をすべてEvernoteに集約するのも面白そうな。
IFTTTとか使ってなんかできんかねぇ。



ほい、振り返ってみるとやたらと話題が出てきましたけども、
いい加減長いので終わりますよ。
ではまた来週。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック