今日も日がな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年ゲーム振り返り

<<   作成日時 : 2015/12/31 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年末恒例記事ゲーム振り返り。まーた長い記事を書いてしまった。今年はスプラトゥーンの年でしたね。


今年のゲーム情勢といえば、
任天堂周りはスプラトゥーン、スーパーマリオメーカーでどうにかWii Uに
陽の目が当たった感じですかね。
FEifでは珍しい販売方法が実施されました。
基本無料ゲームも増えてきてますね。

PSでもクラウドゲーミングが開始されて、ゲーム会社はいろいろな形で
ゲームを販売できるようになりましたね。
タブレット、スマホ向けのゲームは成熟してきたなんて話も出てきてます。

そして、なんといっても今年の一大事といえば、
岩田社長が亡くなられたこと。
スプラトゥーンのメッセージを始めとして、社長の死を悼む声が
たくさん上がりました。
任天堂もここから攻勢に出るというところだったので
私もショックが大きかったですよ。

追悼企画記事が上がってたみたいなのでリンク貼っておきますよ。
後で読むつもり。
【岩田 聡氏 追悼企画】岩田さんは最後の最後まで“問題解決”に取り組んだエンジニアだった。「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」特別編(4gamer.net)

私事で言うと、FEコンサートへ出かけて良い思い出になりました。
あとPS4もこの間買って、MS機以外は全て最新機が揃いました。


さて、本題の今年一年の振り返り。
過去記事のリンクも張っておきます。
2009 2010 2011 2012 2013 2014
次に今年やったゲーム列挙していくよ。

影牢 ダークサイド プリンセス
クロエのレクイエム
ヴァルハラナイツ3 GOLD
ゼルダの伝説ムジュラの仮面3D
ポケとる
役満鳳凰
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
LUFTRAUSERS
世界樹と不思議のダンジョン
シアトリズムドラゴンクエスト

Scribblenauts Remix
GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ
ニッキーの旅するクイズ
XenobladeX
タッチ!amiibo いきなりファミコン名シーン
Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン
スプラトゥーン
リズム天国 ザ・ベスト+
メゾン・ド・魔王
ファイアーエムブレムif

任天堂ゲームセミナー2014
(ジカンサタンサ ミチコジャンプ! アルクラッシュ ドキドキ手紙リレー)
大逆転裁判
超破壊計画からの脱出
スーパーマリオメーカー
GRAVITY DAZE
クリミナルガールズ INVITATION
ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
ブラザーズ:2人の息子の物語
絶体絶命都市
モンスターハンタークロス

ポケモンピクロス
カラドリウスブレイズ
幻影異聞録♯FE
I AM BREAD

ということで、項目としては34。
ゲームセミナー作品が4本と数えると一応37タイトルになりますね。
ポケモンピクロスは感想記事書くの忘れてるわな。
ポケとる、役満、ニッキーあたりはやってると数えるのも
おかしいくらいだけども。


例年の本数見てみると平均くらいか。
んでは内訳を見てみようかね。

《全体》
【据え置き機、携帯機】
[発売日購入新作、発売日以外新品購入、中古、DL購入(DL専売)、
その他基本無料(その他体験版・その他)]

PCは据え置き機、スマホは携帯機で計算。
発売日購入のDL版ソフトはDL購入に該当させます。
その他にはPS Plusなど無料DL、借りたソフトなどが該当します。

購入区分順に[●、○、◇、▲(△)、■(□・☆)]で記号分けします。

09年《28》【14,14】[11,0,7,5,5]

10年《36(+2)》【12(+2),24】[8,2,19,2,5(+2)]

11年《43(+ア)》【16,27(+ア)】[12,2,16,5,8(+ア)]

12年《29》【7,22】[15,5,1,4,4]

13年《42》【20,22】[7,2,4,5(13),5(2・4)]

14年《40》【20,20】[8,0,3,7(7),6(0・8)]

15年《37》【16,22】[9,0,0,5(5),3(0・15)]

全37タイトル。
据え置き機、携帯機のクロスバイについては全体数は1とする。
どちらかで8割以上やってたらそちらにカウント。
4:6くらいだったら据え置き機、携帯機両方でカウントとします。
今回で言うと、影牢は両方、ルフトラウザーズは据え置き機。

記入順に記号で書いていくよ。

☆☆☆●■■☆☆●●
△▲☆●☆●▲●△▲
☆☆☆☆●△▲☆☆●△☆▲
■☆●△

FEifはパケ版とDL版両方購入したけど、パケ版は弟にあげたので
DL購入扱いとします。
超破壊計画からの脱出は悩みどころだったけどDL購入で。

前年からさらに、中古購入◇が減って○◇は一つもなくなりました。
注目の新作以外に手を出せる時間的余裕が無いようですね。
無料DL☆がすごく増えて、お金を落とさなくなったのは
業界からしたらあんまりよろしくはないのではないかと。
パケ版とDL版は去年よりパケ版が増えましたね。


クリアしてないゲームは、プレイ中や基本無料のぞいて
ヴァルハラナイツ3 GOLD
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-
(シアトリズムドラゴンクエスト?)
Scribblenauts Remix
と言った感じかな。
今からでもクリアする気が起きるのは、2番目と4番目かね。



では、続いて印象に残ったベスト3の発表に行くよ。

第1位はファイアーエムブレムif
ファイアーエムブレムif 白夜王国
任天堂
2015-06-25


Amazonアソシエイト by ファイアーエムブレムif 白夜王国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ファイアーエムブレムif 暗夜王国
任天堂
2015-06-25


Amazonアソシエイト by ファイアーエムブレムif 暗夜王国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

初プレイ感想 暗夜王国クリア記事  白夜王国クリア記事
インビジブルキングダムクリア記事

シリーズ初の2タイトル同時発売、第3のシナリオが後日配信。
キャラとの触れ合い、武器使用回数システムの廃止などなど
思い切った販売戦略で話題性がありましたね。
ボリュームの方も3作分ということで結構長いこと遊んでましたよ。
ストーリーは歴代シリーズと比べると、それほど心に刺さらんかったかな。


第2位はブラザーズ:2人の息子の物語
Brothers (輸入版:北米)
505 Games
2015-09-01


Amazonアソシエイト by Brothers (輸入版:北米) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

初プレイ&クリア記事

1位にしようか迷ったけど、最近やったゲームなのでそこを考慮して2位。
風景などの描写がきれいで世界観が素敵でした。
オブジェクトにもいろいろ動きがあって、謎解きアクションが映える。
そしてストーリーを通して描かれる、思いやり、絆の精神が印象的。
なんといってもラストの展開が心に残る良いゲームでした。


3位は影牢 ダークサイド プリンセス
影牢 ~ダークサイド プリンセス~
コーエーテクモゲームス
2014-02-27


Amazonアソシエイト by 影牢 ~ダークサイド プリンセス~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

初プレイ感想 クリア記事

やや悪い意味でXenobladeXも印象には残ったけども、3位はこちらで。
シリーズ初プレイで、PS Plusで遊べたからやってみたゲームなんですけど、
ゲーム内容が新鮮で試行錯誤してたのが印象に残ってます。

グロい描写が多かったり、最初の罠にはめるまでにコツがいったりと
人を選ぶ感じはあったね。
続編も気になってるけど、評判はあまりよくなさそうなんだよなぁ。


最後におすすめの3作。
今年は迷うことなくこのゲーム。スプラトゥーン

試射会感想 初プレイ感想 一人モードクリア記事

可能なら、印象に残った作品とダブル受賞させたい作品でした。
今年の任天堂はこれが話題を持っていきましたね。
敵を倒さなくても勝利に貢献できるTPSということで、
ジャンルとしてはとてもハードルが低い。
そして、デザインもポップでセンスが良くてイカしてます。

マッチングもうまく機能してるようで、
自分にあった環境でバトルが楽しめるので広くおすすめできますね。
あと、ガチマッチの中毒性がまたすごかった。


続いてはモンスターハンタークロス
モンスターハンタークロス
カプコン
2015-11-28


Amazonアソシエイト by モンスターハンタークロス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

初プレイ感想

ナンバリングじゃないということで、どうこう言われてたようですが、
ゲーム性が変わったわけではなく、基本いつもどおりに楽しめる作品。
新システムとして狩りスタイルが追加されてて、
いつも以上に十人十色の戦術が楽しめるようになってますね。

あと昔のモンスターとかたくさん戦えるようになってるのは
むしろナンバリングじゃ得られにくいメリットじゃないかと。


ラストはスーパーマリオメーカー

初プレイ感想

もう少しプレイ時間があれば幻影異聞録♯FEも
候補に上がったかと思うけども。
今年のおすすめはチョイスが保守的で面白みに欠けるね。

2Dマリオのステージを自分で作れるということで、
それだけで興味が出てきますし、
オンラインで世界中のプレイヤーが作ったコースを遊べるとあって、
かなりポテンシャルのあるゲーム。

発売当初は検索が弱くて、
思ったようにステージを探せなかったようですが、
専用の検索サイトが立ち上がってまた環境は良くなったようです。

私的には他に時間取られてあまり遊べてないんですが、
クリエイト系は伸びしろがかなりあるので今からでも楽しめますよ。



ということで、今年もたっぷりと遊べました。
けど積みゲーがまだ何作もあるので、
来年はなるべく早い消化しておきたいですね。

では、文字数制限に引っかかってるみたいなのでここらで終わります。
来年もよろしく!
ランキングサイトに登録してます
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

2015年ゲーム振り返り 今日も日がな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる