今日も日がな一日

アクセスカウンタ

zoom RSS E3前 各社カンファレンス

<<   作成日時 : 2012/06/05 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ソニーとマイクロソフトのカンファレンスの感想を。日本との差を感じる発表会でした。



今日はE3前のカンファレンスの話を少しします。

午前1時のマイクロソフトのカンファレンス見るつもりが、寝てしまってた。
起きたら、午前10時前。
すぐPC立ち上げて、ソニーのカンファレンスを見ました。

ニコニコ動画で日本語訳を聞く。
途中で追い出されてユーストリームに切り替え。
ツイッターでつぶやいてるので、そっち見てもらっても良いんだけど、
ここでも少し書いておく。

ソニーの発表は全体的にコア向け作品が多かったね。

ヘビーレインのスタッフが作るBEYOND(ビヨンド)
ソニー版スマブラ。プレステオールスターバトルロイヤル
コールオブデューティ
アサシンクリード
AR機能を利用した本ワンダーブック対応ソフト、ブックオブスペル。
ゴッドオブウォー
ラストオブアス

あと、プレイステーションプラスってサービス? と
スマホやタブレット向け? のプレイステーションモバイルという取り組み?
あたりも発表されてたけど、いまいちよく理解できてない。


私の認識では、人気の洋ゲーくらいにしか認識してない、
コールオブディーティ、アサシンクリード、ゴッドオブウォー。
これらの動画を見ましたよ。

どれも暴力表現がきつい。
なんか文化の垣根を感じたよ。
一ジャンルとして出てくるのは良いんだけど、今回はこういうの多くて
世界的な発表会でやりすぎじゃないかと。

そういう点や、日本向けの作品がほとんど発表されなかった点から、
日本に本社あるのに、欧米っぽい発表内容だったなぁと。


あとソニー版スマブラ。キャラが分からん。
パラッパラッパーのキャラがちらっと見えて分かったくらい。
画面の雰囲気はほとんどスマブラでしたね。

吹っ飛び方が直線的なのと、
左右に壁があって場外に出して倒す形じゃないという点は
スマブラとは違うところ。

最後の切り札的な要素もあったし、似てるなぁと。
キャラってどれくらい認知度あるものなんかね。
任天堂は自社で有名なキャラたくさん持ってるからよかったけど。


それからワンダーブックという周辺機器? を使ったゲームがありました。
それを使った第一作目のソフトが、ブックオブスペル。
ハリーポッターの著者のJKローリングさんが関わってるらしい。

ソニー版のWiiリモコン、MOVEを杖に、ワンダーブックを魔術書に
見立てて魔法を使う。

TVにはカメラで撮った映像が映し出され、
魔術書からドラゴンが出てきたり、杖から火が出たり。
あと、本に火が付いたのを、手を振って消したり、
触ると炭の跡が消えたり。

私は以前からARは期待してて、
こういう遊び方ができるのは面白いなと感じた次第で。
ワンダーブックには注目していきたい。


日本向けの作品があんまり紹介されなかったのが残念で。
多分、他のところでもいくらか発表があるはずなので、
ゲームニュースサイト注目します。



それから、マイクロソフトのカンファレンスの録画をざっと見しました。
こっちはダンスゲームなど、コア向け以外の作品も見受けられました。

人気どころの洋ゲーも発表されてるようです。
ギアーズウォーとかヘイローとか。

気になったのはキネクトを使ったゲーム。

ドラゴンボールの気功波を打つようなイメージで
よせ来る敵を攻撃するゲーム。
それと、体を使って操作するもので、バリスタから砲丸を打ち放ち、
打った後の砲丸の姿勢制御をして城を壊すゲーム。

キネクト操作は他のハードじゃまねできないので、
新鮮さがありましたね。


それからアニメもののゲームがあったんだけど、
子供向けっぽい絵だったのに暴力系の表現しててカルチャーショック。
今、Wikiで調べたら、大人向け(R指定)のアニメらしい。

アメリカって暴力表現に寛容だよなぁ。と思った次第で。
明るい雰囲気でエグイ表現してると、すごく違和感が。


とまあそんな感じで、キネクト操作は新鮮な気持ちで見れたね。



欧米と日本じゃ嗜好が違うんだなと強く感じた両発表会でした。
それで市場規模は北米がかなり大きいらしいので、メーカーもユーザーも
日本は損してるような印象を受ける。
日本が最もゲームが売れる市場だったら、
世界中から日本向けのゲームがどんどん発売されてくるのになと。

あと、E3だからなのか、カジュアル向けを意識した展開を
あまりしてない印象。
まあ、スマホやタブレットなんかに展開していくようだけど。

Wii Uが自前のコントローラーで手元画面とTV画面の
画面を2つ使う提案をしてるけど、
他の2社もスマホ、タブレット、PSVitaとの連動などで、
そういった遊びと同じような環境になるね。

斬新と思ってた提案だけど、似たようなシステムづくりができちゃって、
任天堂の独創性の印象が弱まった感。


そういや、
フランスに本社を置く大手ゲームソフト会社ユービーアイソフトや、
世界最大のゲームソフト会社、エレクトロニックアーツも
発表会やったみたいですね。

特に任天堂ハードだとなじみが薄いけど、
ゲームニュースでは結構名前が出てくるので
動向は少し気にしておきたいところ。



はい。
とりあえず、E3の話題は一通り書いたので終わります。
それじゃ、後は今日の25時(明日の午前1時)の任天堂カンファレンスに
期待ですな。

ソニー、マイクロソフトと発表会の評判は日本ではあんまりよくないようで、
任天堂に期待がかかってるみたい。

Wii Uについて大きな話出てきてほしいのと、
日本向けの大きなソフトも発表してほしいところ。
モンハン4の話題があれば、日本は沸き立つね。
あ、でも3DSの話はあんまりしないんだっけか。

ピクミン3は有力候補かな。
これが良い感じだったら、世界的に盛り上がると思う。
ランキングサイトに登録してます
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

E3前 各社カンファレンス 今日も日がな一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる